FC2ブログ
アキュラホームの建築日記
アキュラホームで建てるマイホーム建築日記。紹介ブログ。坪単価、仕様、できるだけ紹介。
FC2カウンター



FC2投票

質問 何を重視しますか?
耐震性能(安心一番)
維持管理(買った後が大切)
省エネ性能(地球に優しく)
空気環境(健康一番)
設備(便利でないとね)
間取(動線、防犯)
価格(安くないとね)



フリーエリア



プロフィール

良い子ら所

Author:良い子ら所
アキュラホームでマイホームを建てた日記です。
過去のことを思い出しながら書いてますので、日付は適当です。
建築に関しては素人です。



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



全ての記事を表示する

全部見る



FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


階段の位置変更

階段の位置は玄関入ってすぐのところにしていたのですが、少し奥にしました。


というのも2階に上がったところがキッチン真正面というのも変だと思いましたので。


それと、玄関入って真正面は壁のほうが、なんとなく演出方法がいろいろありそうな気がしたんで。


結果とても満足いく間取になりました。


ここで一つ皆様に忠告


間取変更は建築確認申請を出すまでにしましょう。
ほぼ、同時期に木材のプレカットに入るようです。


この時期を過ぎると、ほぼ柱の位置を変更するのは厳しくなります。


スポンサーサイト

価格

家を建てる上でやっぱり気になるのはいったいいくらなら家が建つのか


ということだと思います。


で、少し紹介。(すべて税別)
本当に適正価格かどうか皆さんで判断してください。


断念したものもあります。


すみれ(35坪~45坪まで)282,500円/坪


平面モジュール変更4,240円/㎡


他にも細長かったり、1階と2階で面積が違ったりするとその比率によって加算されます。(これが高い)


端数モジュール6,000円/㍍


入隅120,000円/個所
(標準では0個?)


屋根オーバー20,000円/㎡


玄関ポーチ増設28,000円/㎡


バルコニー(4㎡以下)400,000円/セット


バルコニー(10㎡以下)92,000円/㎡


パーティキッチンへ変更308,000円/セット


浴室乾燥機付へ変更45,700円/セット


ガス給湯器からエコキュート(370L)へ335,000円/セット



さらにそれぞれ設置工事もUPします。


2階トイレ設置工事148,700円/式


INAX普通便器 暖房便座プロガード51,800円/セット


天井高240→250へ変更3,000円/㎡


ワックスいらずのフローリングへ変更


サッシ:ほとんどオプション
(標準仕様は(?_?))


収納増設W2×D1.5×H2 120,000円


収納増設W1×D1.5×H2 80,000円


勾配天井7,500円/㎡


ロフト49,000円/㎡


ロフト梯子51,000円/セット


外壁フカシ壁(間柱12本、中空洞)460,000円


壁に造作(四角穴250×250mm)25,000円/コ


カーテンBOX追加30,000円/ヶ所


仕切り・袖壁工事30,000円/m
(部屋のつもりが仕切り壁に)


内部建具引き違いガラス戸89,400円/セット


標準方開き増設36,000円/ヶ所


他にもまだまだありますが、また紹介します。


付帯工事関係(屋外給排水工事、建築確認申請、設計料)で約200万円~300万円


その他に、火災保険、ローン諸費用、登記関係費用、照明(基本照明以外)、カーテン、外構工事など必要になります。


うちの場合付帯工事関係その他を含めず坪50万円近くしたかな?


大手ハウスメーカーだと60~70万円/坪してもおかしくないような仕様になってるようです。


でも、タマホームと比較すると設備仕様については変わりません。(というより、劣ってるくらいです)


価格対性能を重視される方はタマホームでしょうね。




営業担当について

うちの営業担当はM利さんでした。


コストダウンする方法なんかの提案はあまりありませんでした。(あまりコストダウンを求めてるように見えなかったのかも知れませんが・・・。)


打合せについては計画を進めよう進めようとします。場合によっては


「後で変更が効きますから」


というようなセリフがでてきます。


で、後日、「ここ変更できますか?」


って聞くと


「今からだと変更できません」


となったりします。


怖いですね。


ローコスト系は時間勝負ですからこんな風になるんでしょうね。


それでもムリムリ変更してもらったところもありました。(また紹介します)


施主に向いてる営業。アキュラホームに向いてる営業。


どちらが営業でしょう。


M利さんにはかなり良くして頂きました。
おそらくM利さんでなかったら、あんなに洒落た家にならなかったと思います。(デザイナーズハウスみたいと言われたりします)



入隅

せっかく注文住宅で家を建てるなら、真四角の総二階建ての家より多少凹凸がある方が良いですよね。


でも、その凹凸ですが、凹部が1コーナー(入角というようです)あるごとにプラス料金になります。



入隅単価:120,000円


だったと思います。


カウントの仕方は1フロアごとにカウントします。


基本坪単価には入角はありません。(つまり4角形の家になります)


タマホームと比較するのもどうかと思いますが、タマホームは同じシステムを使っているようですが、基本坪単価に何箇所か含まれています。


 




間取と坪単価

土地の大きさの関係もあって、尺モジュールで間取を考えたんですが、尺モジュールだとその分割増(約5%UP)になります。


で、広告なんかは坪単価~円て書いてありますよね。


メータモジュールで作っても坪数に換算しての見積になります。


よくよく考えてみると、間取から計画に入ると、広告でいう坪単価にはならないように思えてしまいます。
でも、家作りの場合、必ずといっていいほど間取から計画すると思うのですが・・・


1坪(約2畳)=3.3㎡


不思議な関係です。



間取

自分たちで考えた間取があったので、その間取を営業さんに見てもらいました。


採光性の問題で多少変更が必要で、一階の間取が変わり、南東側に凹部分が出来ました。


それでもほぼ自分たちで考えた間取どおりのものになりました。


ちなみに


私たちは「マイホームエディター」を買って何パターンも間取を考えました。


頭の中で考えていても、うまくまとまらないのですが、これを使うと簡単に間取を考えることが出来ました。


手書きで出来ないことは無いのですが、間取の変更をしたいときとか、やっぱり手書きだと大変です。


その点マイホームエディターのようなソフトを使えば、マウスで動かすだけですからとても簡単でした。


マイホームエディターのテレホンショッピングみたいになってしまいました。 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。